歯周病治療について

tel_sp.png

歯周病の怖さ

歯周病は、本人が気付かないまま進んでいくのが特徴で、症状が出始めた時には既にかなり進行していることがほとんどです。
歯茎から血が出る方や歯茎がしみる方は、早めに治療を受けるようにしましょう。特に40代〜50代で悪化することが多いのですが、中には10代後半には歯周病になっている方もいらっしゃいます。

歯医者に行っていない人は要注意

特に歯周病リスクが高いのは、タバコを吸う方や糖尿病を発症している方です。
また、虫歯の治療を受けている方は一緒に歯周病ケアも受けていることがほとんどですが、虫歯にならなかった方は歯周病が見つかる機会がないため、本人も気が付かないまま進行していることが多くあります。
これまで歯が健康だった方も、大人になったら歯周病ケアのために定期的に歯科医院に通うようにしましょう。

無理なく続けられる治療を

歯周病の治療は長期間かかることも多く、またある程度症状が安定した後も継続してメンテナンスを受ける必要があります。そのため、あまりにも患者さまの負担が大きい無理な治療計画を押し付けるようなことはないようにしています。
途中で諦めずに、一緒に治療やメンテナンスを続けていきましょう。

正しい歯磨きと歯石除去が大切

歯周病の治療としては、まず正しい歯磨きと歯間ブラシの方法を身につけていただき、さらに院内で歯石などの汚れを取り除きます。
これら両方ができて初めて歯周病をコントロールできるようになりますが、悪化していると麻酔を打って歯茎を切り、歯の根元部分をきれいにする処置もしなければなりません。そこまで大掛かりな治療が必要になる前に、早めに歯周病ケアを始めるようにしましょう。
なお、ご来院いただく頻度については、患者さまによってご案内させていただいており、毎月の方もいれば半年に一度の方もいらっしゃいます。

歯周病になった方へ

歯周病治療は長い期間治療をすることが多いため、飽きず、諦めず、無理せずに続けていくことが大切です。
そのためご自身に合っている歯科医院や通いやすい歯科医院を選ぶようにしましょう。また、治療が一旦完了しても、引き続きメンテナンスを続けていく必要がありますので、正しいホームケアと定期的なご来院を忘れないようにしましょう。

虫歯も歯周病も予防が大切です!

一昔前までは「悪くなった歯を治療する」という目的で、歯科医院を訪れる方が大半でした。
しかし近年では、歯科医療に限らず、医療全体の方向性として「治療」から「予防」へと移り変わってきています。
当然ながら、虫歯になってしまった歯は二度と完全に元通りにはなりません。当院では、ご自身の歯を失わずに、健康な歯で過ごすためにも、患者さまに予防歯科による定期メンテナンスをお勧めしています。

治療では、症状の進行を食い止めたり、機能を補ったりすることしかできず、
元の健康な歯に戻すことはできません。

定期メンテナンスの良いところ

当院では、来院された患者さまに
歯の定期メンテナンスをお勧めしています。

1虫歯や歯周病の予防ができる

2早期治療ができ、治療時の痛みも軽減される

3治療時間が短くなる

4自分ではなかなか気づかない、噛み合わせのズレを見つけることができる

TEL:0598-21-6313